【FX2018ブログ】6/25~6/29 ユロ円相場解説|まとめ

今回は2018/6/25~29日のユロ円相場解説のまとめを中心に書いていきます。

 

 

今週を通してどんな動きをしてきたのかを1日ごとに再度ポイントやトレードの仕方を踏まえて紹介していきます。

 

金曜日になり終わりに近づいてきましたね。

 

最後までしっかりと向き合っていきましょう。

 

では今週の相場解説を1日ごとで見ていきます。

 

 

 

 



・今週の相場

 
まずは月曜日から金曜日現在までの全体像を確認してみてください。

 

 

IMG_0113.PNG

 

 

週で見てみると特に方向性が決まっていない動きで売りと買いが交互に起きています。

 

日ごとで見ても値動きが激しい割にトレンドがなかったり、レンジの状態になっていたりしていたのでかなりトレードを狙っていくという目線では難しい週でした。

 

4H足でマーケットを見てみると安値と高値が切り上げ始めているので、上昇トレンドが発生してきていることが分かります。

 

ここに気づいていなかった方は是非把握しておいてほしいところです。

 

なぜなら、細かい流れだけで見ると下降だったりとして売りだ売りと思いがちな場面がかなり多いのですが、

 

全体的な相場は実は買いで売りで入れたとたん買いに一気に動いたりとしてだましを食らったりとします。

 

大きな動きが分かっていれば、ここを回避しやすくなったりもします。

 

なので、ポイントとしては必ず上位足での動きは必ず確認していきましょう。

 

今回の相場の中で買いでエントリーできる部分って限り無く少ないようにも感じましたが、僕的にその市場の流れと逆の動きでトレードを狙うという観点は全て捨てても良いと考えています。

 

なので、そう考えると今週のユロ円は捨てて別の通貨ペアで狙っていった方が良かったですね。

 

ただ29日の相場で狙っていきたい形が出てきたので、そこは共有していきたいと思います。

 

 

 

写真を下に貼ったので見てみてください。一定のレジスタンスラインを反発して横に進んでいる状況が分かると思います。

 

 

IMG_0114

 

 

さらに高値を切り上げたポイントとなっているので、トレンド形成かなり固まってきていますよね。

 

これを考えると、レジサポ転換を使ってエントリーをしていくことがかなり優位性高いと考えられます。

 

1回抵抗線を抜けてから一旦市場参加者は売り戻す人が出てくる可能性があります。

 

なので、そこである程度売り戻しが終わり、さらに勢いを付けて上昇していく前に買いでエントリーといった流れでしょうかね。

 

 

 

ドル円もこれと同じやり方で狙っていけそうな動きはしているのですが、まあ金曜で夜になってしまっているので勝っている人も負けている人もあまり無理はせずに、

 

焦ってトレードをして最後に締まらない終わり方をしてもしょうがないので。

 

23時とか0時近くなってからトレードをするのは本当に避けましょう!

 

 

 
トレードチャンスがないとかなり精神的に焦りが出てきたりとするので、気をつけてほしいです。

 

無ければないで取引をしなくても良いと思います。

 

ただそれができなかったりと初心者の人はするのでコツをここで紹介します。

 

是非、参考にしてみてください。

 

 
精神を安定させるコツ→→→

 

 

 

では、また次のブログで〜

 

 
今回のブログが面白かった!という人!是非、僕にメッセージをください!!

 
気軽に送ってくれると嬉しいです♫

 
お待ちしてまーす!!
<<僕にメッセージをください>>
友だち追加

 

 

SNSでも最新の情報を更新中!!こちらもフォローお願いします!!
Twitter

Twitter

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中