【FX2018ブログ】2018/4/24 ドル円相場解説・予想

 

今回はFX2018/4/24のドル円相場の解説を中心に書いていこうと思います。

 

今日1日でどんな動きをしてきたのか。

 

1日を振り返ってみてみましょう!!

 

そして、振り返りながらも今後の僕なりの見通しとFXの罠についても書いていきます。

 

さてさて、今日も詳しく相場を再確認していきましょうか!




 

 

・今日の動き

 
今日はなんだか静かな相場でしたね〜あまり激しさも少なく落ち着いていました。

 

現状までの全体像はこんな感じです。

 

 

IMG_0484

 

 

一見レンジの形に見えてしまいそうになりますが、じんわりと上昇している相場だと見れます。

 

上の写真は15分足でのドル円市場なんですがここにトレンドラインを引いてみましょう!

 

こんな感じに切り上がっていることが分かると思います。

 

 

IMG_0483

 

 

しかし、まあトレンドラインは引けるは引けるけども!

 

というような感じですよね笑

 

価格変動が小いさすぎてもトレードしにくいです。

 

しかも広くこの相場を見た時にここまで上昇続きの相場ではあったがここにきてかなりの落ち着きようですからね。

 

上昇も終わるのかなと察してしまいます。

 

しかし、ここで切り下げるからといっても上昇トレンドの中に現状いるので売りはできるだけ入れたくないところです。

 

上昇中の下降を狙うのも1つかもしれないが、確率は低めのトレードになるので、覚悟の上に取引をしていってほしいです。

 

トレードできるところも今日の相場の中には僕のスタイル上存在はしなかったかなと思うのでまた明日を狙っていきたいところです。

 

これからの見通しとして、週の前半はもはや上がるところまで上げていくんではないかなと思っています。

 

気になるのは週の後半です。

 

買いで持ち続けていた人がおそらく売り戻しに入ってくる可能性があるので、売りが強くなってくる瞬間があると思います。

 

それがどのくらいなのかは、なってみないと何とも言えないところですね。

 

 




・今日を振り返ってみて

 
柔軟にシンプルに考えていくことの大切さを感じたのでそこのお話を少しできればと思います。

 

FX自体仕組みとしてはシンプルだが、参加者はシンプルではなくなってくる。

 

それはお金が動くからです。

 

しかし、変に考えすぎると自分の欲望と感情がものすごく自然と入ってくるんですよね。

 

 

17031601_large.jpg

 

 

勝つぞ勝つぞという気持ちは大切なのかもしれないが、これを思いすぎるとFXの罠に掛かってしまう可能性は大いにあります。

 

これは僕が最初にしょっちゅうやっていましたし、今でも意識を緩める掛かってしまいます。

 

この罠というのは、

 

後々見たらやらなそうなトレードを冷静に見てみるとそれを正しいものと自分に言い聞かせてトレードをしていくようなことです。

 

悔しさや嫉妬からもこういうトレードをしてしまいます。

 

しかし、これをしたからと言って勝てるわけではありませんし、むしろ負けてしまいます。

 

しっかりと自分のメンタルを保つことに力を入れていきましょう!

 

今日を通して再度自分にも言い聞かせ、自分との戦いということを再び認識しました。

 

そして、これをこなすためにも必要なものがこれです。

 

 
メンタルを保つために必要なもの→→→

 

 

 

是非参考にしてみてください!ではまた次のブログで〜!

 

 
今回のブログが面白かった!という人!僕にメッセージをください!!

 
気軽に送ってくれると嬉しいです♫

 
お待ちしてまーす!!
<<僕にメッセージをください>>

友だち追加

 

 

SNSでも最新の情報を更新中!!こちらもフォローお願いします!
Twitter

drawn-bird-twitter-8

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中